• モノの値段とは、どのように決まるのか 「定価と中古価格と相場」を解説

    いきなりですが、

    「モノの値段について、なぜこの価格なのか」
    と疑問に思ったことはないでしょうか?

     

    中古市場が盛り上がっている昨今、リユースショップやフリマアプリを利用している人は多いと思いますが、

    ○買う側 - 1円でも安く欲しい商品を手に入れたい!!

    ○売る側 - 1円でも高く商品を買い取ってほしい!!

    といった心理が働き、双方の思惑がうごめきあう市場で今回、「価格」についてスポットをあて、買取専門店リムーブの査定スタッフがコラムを書きました。

     

    ■どんなときに値段を「高い」と感じるのか?

    値段の「高い」「安い」の感じ方は人それぞれだとは思いますが、中には必然的に市場価格が高くなる物も存在します。

     

    数が少ないと価格は安くなる?高くなる?

    まずはじめに、私達が普段生活をする上で必要不可欠な「食」を例に、最近ニュースでも取り上げられる事が多くなってきた野菜・魚の収穫量に関して、「豊作・大漁の年or不作・不漁の年」どちらのほうが値段は高くなるでしょうか?

    ——————————————————————————-

    ●豊作・大漁の年

    私達の需要に対して供給される物が豊富な状態

    ●不作・不漁の年

    私達の需要に対して供給される物が不足している状態

    ——————————————————————————-

    豊作大漁の年は、野菜や魚の「供給」が多くなるので、需要と供給のメカニズムが働き、値段が安くなり、不作不漁の年は、その逆で値段が高くなります。

     

    希少性

    「希少性」

    要求される量に比べて利用可能な量が非常に少ない状態。

    ダイヤモンドといえば婚約・結婚指輪や高級ジュエリーに無くてはならない憧れの宝石NO.1であり大変高価ですが、ダイヤモンドは普通の石ころと違い、高温高圧の環境にあった炭素が、噴火などで一気に地表近くまで押し上げられ、一瞬で冷やされたことにより誕生します。
    そんなダイヤモンドを求める人の数は非常に多く、求める人の人数に対して少しの量しかない状態を“希少性”と表現します。
    天然ダイヤモンドは非常に希少性が高く、「供給」がとても少ないことにより、値段が高価な代物となっています。

    希少性の高いものに関しては定価が高いのはもちろんですが、二次流通の中古市場でも値段が下がることはほぼなく資産価値も非常に高いです。

     

    ■定価超えの中古価格

    次に、あるストリートブランドを例に話を進めていこうと思います。

     

    【Supreme / シュプリーム】

    Supreme(シュプリーム)は、アメリカ合衆国のスケートボードショップおよびファッションブランドを展開。1994年にニューヨーク・シティにて創業、スケートボード文化やヒップホップに影響を受けたアイテムで知られています。

    アメリカ国内ではブルックリン、ロサンゼルスにも店舗を展開しています。

    ブランドのトレードマークである赤地に「Futura」字体の白い文字というボックスロゴは、アメリカの現代アーティストバーバラ・クルーガーの作品よりインスパイアされたもので、日本でここまで人気が爆発したのは「三代目 J Soul Brothers」や「BIG BANG」のメンバーなど著名人が着用していたからだと言う話も。

    そんなSupremeは、新作が出るたびに人気のデザインは店頭・オンラインでは即完売、なおかつ新作発売日当日にもかかわらず、早くも中古市場に大量の新作が定価の倍以上の値段で出品されています。

     

    どうしてこのような事が起きるのか?

    それは上記ダイヤモンドの部分でも触れたように、欲しい人に対して物が足りない状況が要因で、なおかつそれを利用して「転売」が行われるからです。

     

    ■転売とは

    基本的にまず自分がなにかモノを買う必要があり、お金がマイナスになるところからスタートします。つまり、自分が買ったモノを誰かに売らないと利益が上がりません。
    そして、当然自分がモノを購入した金額以上で売ることで利益をあげます。

    転売で利益をあげるには、主に2つのパターンが存在します。

     

    ★転売で利益をあげる2つのしくみ

    (1)とにかく安価で購入、買った金額以上で販売

    上記の場合は、売るときの価格が定価でも問題ないです。

    とにかく定価以下でモノを買うことができれば利益が上がる可能性があります。

     

    (2)定価で購入、プレミア価格で販売

    プレミア価格で売れることがわかっていれば、定価で買ったとしても利益があがります。。

    主にこの2つのパターンが転売の儲けの仕組みです。

     

    つまりSupremeは人気のブランドで、定価で購入するのには非常に競争率が高い。

    運良く購入出来たものを自ら着用する人と同等もしくはそれ以上の割合で転売目的の購入が多いのです。

     

    主に下記のように中古市場では値段が跳ね上がっています。

    ■例

    ① Supreme 2014 Box Logo Tee

    定価 7,020円税込 → 中古価格55,000円

     

    • Supreme Box Logo Pullover 2014

    定価 28,080円税込 → 中古価格90,000円

     

    • Supreme × THE NORTH FACE Nuptse Down Jacket black Leopard

    定価 53,784 円税込 → 中古価格160,000円

    ※市場価格は常に変動します。

     

    定価にて購入出来なかった人はどうするのか。
    中古市場に出品されている定価の倍以上の値段がついたものを購入します。

    普段私たちがお金を使う上で、値段の意味を見極める目を持つことはとても大切なことだと感じました。私たちが目にする値段は、物を作る側、物を売る側の人たちが決めることが多いです。
    どれぐらいの手間や時間、費用がかかったのかによって、値段は大きく変わってきます。

    それと「買いたい」人の量と「売りたい」人の量がどれぐらいなのかによっても、中古市場では値段は大きく左右されます。

    今回はシュプリームを例に価格の話を進めてきたが、このよう現象になる可能性はどのブランド、カテゴリでも起こりうると感じる。

     

    ■最後に

    【新品だけじゃない?!使用済み、着用済みでもしっかり値段がつく!】

     

    ここまで特定のブランドの新商品が、中古市場で値段が爆上げしているという話をしてきたわけですが、使用済み・着用済みの価値はどうなのと思われる方々も多いはず。
    当店reMOVE(リムーブ)のアピールポイントとして、ブランド洋食器やブランドアパレル、万年筆、美容アイテムなどなど・・・使用済みでも箱がないものでも全力で買取をしている!
    ことです。

     

    フリマアプリ「使用済みでなかなか売れない」や他買取店「箱がないと買取しません」、「使用済みのものは一切買取していません」・・・など、そういった理由で売れなかったり、買取をしてもらえないことも聞きます。

    リムーブでは、フリマアプリでなかなか売れない品物や他買取店が買取できないお品物も喜んで積極的に買取を行っています。

    著しい使用感のあるもの、ヒビ・カケがあるものに関しては、何点かおまとめの査定になる場合もありますが、基本的には1点1点大事なお品物を拝見させて頂き査定額を算出します。
    使用済みのもの、箱がないのもの、自分には必要のなくなったものなど、必要としてくれる人がほかにたくさんいます。

    「reMOVE(リムーブ)はそんな皆様の仲介役になれるように、喜んで買い取りさせていただきます!!」

    もちろん、箱なしよりも箱があったほうが、金額が高くなることもありますが、リムーブでは査定時お品物自体の状態をメインに見ているので、箱の有無ではなく、お品物自体の状態が変わらない場合はほとんど金額に差をつけないよう努力しています。

    使用済み、着用済みのお品物がいくらになるかな?とご不安な方、お品物の写真を送信すれば大まかな金額を算出することができる事前査定も随時募集中なので、まずは事前査定をご活用いただきたいです。

     

    キズや汚れの写真もお送りいただけると、より正確に近い金額を算出!
    その他、金額等に関しては柔軟な対応を心がけているので、ぜひこの機会にご相談あれ!

    みなさんの大事に使った大切なお品物。
    リムーブ(reMOVE)にぜひお売りください!
    使用していても箱がなくても喜んで買取します!!

    宅配買取のお申込み

     

    ブランド食器買取リムーブ

     

    コスメ、香水、美容機器買取